車を扱う企業は取得しよう

パソコン

交通事故を予防する

事業の中には自動車を利用して仕事を進めていく企業もあります。自動車メーカーや整備工場、送迎を行なう企業など、車を取り扱う企業は毎日のように自動車を利用して仕事をするでしょう。こうした企業が取り組んでおきたいのが交通安全における体制管理です。交通事故は毎年何百件も発生しています。一般人同士の交通事故だけでなく、企業で利用している車両を用いた人身事故も多発しているのです。こうした交通事故を防ぐ為にも、車両を扱う企業は従業員1人1人に車両を扱う上での規定を定め、認知させておく必要があるでしょう。こうした体制を整えることで取得できるものにISO39001と呼ばれるものがあります。ISO39001は道路交通安全マネジメントシステムのことを指しますが、交通事故予防の為に企業が一生懸命取り組んでいるということを証明するものにもなります。

維持することが大切

交通安全に関する体制を整え、ISO39001を取得した時にはその後の取り組みが極めて重要となります。ISO39001で作成したマニュアルがただあるだけの状態になっていないか、その内容が継続して取り組まれているか定期的にチェックすることが大切なのです。取得したからと言ってその後もないがしろにならないように、ISO39001においてもっとも重要な部分を従業員全員が理解しておく必要があります。ISO規格の内容を維持する為にも、サポート会社などを活用して調査や監査をしてもらうのも1つの方法です。定期的にチェックが入ることによって、従業員全員が意識して取り組むでしょう。このように、車を必須とする企業においてISO39001は取得した後がスタートでもあるので、管理責任者は社内の働きなどを今一度チェックし直すことが大切なのです。